1. HOME
  2. お知らせ
  3. 書で人と笑顔をつなぐ旅 in 福島 〜旅のきっかけ・個展詳細〜

書で人と笑顔をつなぐ旅 in 福島 〜旅のきっかけ・個展詳細〜

福島から上京し、同時に書家として独立してから4年。

3年目に入るまではとにかく目先の生計を立てることに必死で、
決して後ろを振り向かないと覚悟を決め、前へ前へと全速力で走り、
地元福島や関東を始め、全国各地へ活動範囲を広げるようになったいま、
ふと立ち止まり、原点を振り返る瞬間がありました。

ー 何のために、誰のために、自分ができることで何を残していけるのか ー

こう考えた時、独立前に背中を押してくれた福島の人達、独立後のご縁からお世話になっている方々、
そして、家族の顔が浮かんできました。

人がいないと、今の自分はいない。
それなら、自分の為だけに仕事をするのではなく、人の為になる何かをしよう。と思うようになり、
自分にできることを探しました。

そしてたどり着いた答えが、“ 旅 ” です。

なぜなら直接、色んな人と出逢えるから。

自分の目で見て、自分の耳で聞き、
自分自身で感じ取ったことを書にし、人と笑顔をつなげられたら。

そう思いました。

人と人とのコミュニケーションが、ネットが中心となってきている今、
何が偽りで何が本当か、何が不要で何が必要なのか、
どんどん判断しにくい時代になってきていると感じています。

時代や技術が進歩しても変わらないもの、それはやはり、
“本当のことは、フィルターを外した目の前にしかない”ということだと思います。

だから、
部屋に篭って小さな四角い電子機器の中だけで人とコミュニケーションをとったり情報を得るのではなく、
玄関を飛び出し、もっとずっと広い世界を自分の目で確かめて、リアルなものを書に写そうと考えました。

そしてまずは、
私の生まれ育った故郷である福島県を旅し、福島のいまを知ろうと思ったのが旅の始まりです。

福島県は2011年の東日本大震災後、数え切れない程の大きな変化が生じています。
復興は徐々に進められてきていますが、あの日の衝撃は、決して数年で消え去る規模ではありません。

私の力一つで、どうこう変わるものでもないと自覚しています。
「復興のため」と言うには力不足で、何となく言葉負けしてしまう自分がいると感じました。

でも、やらないとやるは違う。

正直言うと復興の為ではなく、自分の為が大きいかもしれません。
たとえ微力でも、自分がしたことでいつか一つでも福島の力に繋がってくれたら。
それが自分の旅への思いです。

できるだけ本当のこと、五感を頼りにして正直な心にこだわりたい。
人によっては私の行動も賛否両論あるかと思いますが、
光も影も受け入れて、そのままを作品に写そうと思っています。

そして旅のゴールには、福島と東京で旅の個展を開催することにしました。

せっかく1年間かけて全59市町村を見て回るので、県内外、より多く福島の今を知ってもらいたいです。
東京個展は、2020オリンピックに合わせての会期なので、外国の方にも知ってもらえるチャンスがあります。

私自身、福島出身ながら未知な世界がたくさんあります。
旅自体も初の試みです。
書家という肩書きよりも、ただの一人の人間です。

そんな私ですが、
等身大の自分が見た景色を、一人でも多くの方にご覧いただければ幸いです。

 

■□—————— 2020 書の旅個展 ——————□■

●福島
2020年7月4日〜7月10日
コミュニティカフェ・EMANON(白河市)
〒961-0905 福島県白河市本町9
URL:https://emanon.fukushima.jp/

●東京
2020年7月25日〜8月2日
東北カフェ&ダイニング
POSSO 千寿てまり工房(足立区北千住)
〒120-0025 東京都足立区千住東2-5-14
URL:https://senjutemari.com/

※日程が近づき次第、詳細をお知らせします

旅の最新情報・専用アカウント
🕊Twitter:https://twitter.com/nemotomiki

たくさんの方々との出逢いを、楽しみにしています*・°・..。.:*・

■□———————————————————-□■

お知らせ

お知らせ一覧