1. HOME
  2. 作品
  3. 曹洞宗・沖縄市観音寺に龍の天井画を納品

【曹洞宗・沖縄市観音寺に龍の天井画を納品】

曹洞宗、沖縄市観音寺に水墨画で描き上げた龍の天井画を納品させていただきました。

観音寺さんは、終戦後の沖縄供養のために今年建てられたお寺です。
とても意味のある機会に水墨画でお力添えができたこと、心から嬉しく思います。

一ヶ月の制作期間、正味7日間の制作で描き上げた天井画ですが、ここだけの話わりと身体に負担が掛かっていたので、精神的にも肉体的にも全身全霊を注ぎ込んで描いたつもりです。
でも、改めて天井画を見た時、「ああ、一ヶ月、全力で臨んで良かった…」と大きな達成感とやり甲斐を感じられました。
私もお経を読みながら、沖縄の平和の祈りを龍に込めてきました。

今回、たまたまご縁をいただいて沖縄市観音寺さんに龍の天井画を納品させていただいたのですが、どことなく、”龍に呼ばれて沖縄に行った”というような感覚があります。
ご依頼をいただく1年前からたまたま水墨画で龍の絵を練習していて、そこから点と点が線になり、道になってつながったような気がします。

今回の件でこれまでより更に水墨画が好きになり、もっと色々な画に挑戦する意欲が湧いてきました!
書道と水墨画、そして英語も勉強し、自分にしか出せない表現を今後も追求していきたいと思います。

書家 根本みき

関連記事