1. HOME
  2. 作品
  3. 温故創新

【温故創新】

福島県出身のゆかりから、『幻の染型紙・会津型』復活プロジェクトに参加し、
企画のタイトルを揮毫させていただきました。

『幻の染型紙・会津型』は、 喜多方市(福島県会津)の100年以上続いてきた服飾文化で、
江戸時代から着物の柄を染めるため使われてきた染型紙(そめかたがみ)です。

1935年(昭和10年)に惜しむらくは幕を閉じた魅力ある「会津型」を復活させようと、
同郷出身である、株式会社ユニフォームネット荒川社長を筆頭に今回のプロジェクトが企画されました。

私も会津型を使用したグラフィックエプロンを2種デザインしました。
普段はアナログ制作ですが…今回はイラストレーターを使った初めての作品です!!

 

 

株式会社ユニフォームネットさん主催、クラウドファンディング(1/22〜3/15)のリターン品として、
10種のデザインからお選びいただける企画内容となっております。

↓詳細はコチラ
https://www.makuake.com/project/uniformnet/?fbclid=IwAR3-VKqfW_t_n3h_K-gBaOILnTsmNu_Q6HNxh6HW7pXmEAmcq8tQeOCEfjo

支援率が高くなるほど、会津型を全国に発信し福島県喜多方市の地域活性化にもつながります。

ぜひ、よろしくお願いいたします!

 

作品お問い合わせ

関連記事