1. HOME
  2. お知らせ
  3. 書の旅in福島〜南会津町編 (26/59市町村)〜

書の旅in福島〜南会津町編 (26/59市町村)〜

【書で、人と笑顔をつなぐ旅in福島】
〜南会津町編 (26/59市町村)〜

車を走らせてるとついつい何度も足を止めてしまう程、
観光スポットにもなっていない自然の情景が美しい町、南会津町。

 

南会津町で最初に向かったのは、”屏風岩”

ここはですね…、想像をはるかに超えた迫力と美しさでした。。
正直、今までもたくさん自然の天然アートを見て来たし、
びっくりするほどではないだろうと思っていたのですが、ここは覆されましたね。

見た瞬間、我忘れて叫んでしまいました。綺麗さに圧倒されて。

 

 

水がとにかく綺麗…

 

 

お魚もハッキリ見ることができます。

 

これは…絵画…?!?!

 

 

まるで異国…

白い岩は西洋な雰囲気。日本と西洋が入り混じったような景色でした。

こんな景色が福島県にあったなんて、今まで全く知らなかった!
逆に何でこんなに素敵な場所を知らずにいたんだろう…??
こうやって素敵な風景と出会えるのも、実際に自分の足で歩くことの醍醐味なのかもしれません。

正直、ものすごくお腹が空いていたので30分程度で出るかと思っていましたが、
なんと時間と空腹をも忘れ、2時間近くこの場に居ましたwwww

そのくらい、この場所がとても気に入ってしまいました。

 

どこを撮っても写真映えするし…

 

 

 

 

観光雑誌やメディアではあまり紹介されてない所なのかな?

もし今後、福島でオススメの自然の観光名所を聞かれたら、
私は真っ先にここを出すと思います^^感動した!!!

アドレナリンが放出されすぎて、空腹はピークに達した頃、
美味しい水で作られている南会津町の名物、お蕎麦を食べに”そば処曲家”さんに行って来ました。

店内は広々としていて、大きな窓から眺められる景色を前に、
天ざる蕎麦のセットを頂きました!

お蕎麦はモチモチしていて、水が美味しすぎるせいか透明度が高い味でした!

お野菜の天ぷらも前菜もとっても美味しかった!
ボリュームなセットをたいらげ、若干動けなくなりそうでしたが…!!(笑)

そば処曲家さんを入り口に観光できるのが”前沢曲家集落”
「南会津町前沢」として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている集落です。

実はこちらの集落、明治40年に起きた大火事により集落のほとんどの建物を焼失しています。
その後、周辺地域の大工さん達の手により一斉に再建されたため、統一的な意匠による景観が形成されたそうです。

茅葺屋根の建物のほとんどは現在も人々の暮らしが息づいており、日本の原風景を今に残していて、
敷地内には公園や資料館、古民家カフェなどもあり、ゆっくり観光しながら過ごすことができます。

 

資料館に訪れると、スタッフの江井さん、たまたま観光にいらしてた齋藤さんにお会いしました。

お二人に私の旅の経緯をお話すると、なんと、お二人も旅人であることが判明。(笑)

しかも、私なんかよりずっとずっと凄くて、齋藤さんは日本全国を行き尽くしていて、
江井さんに至っては、なななんと、世界一周をバックパッカーされた方でした!!(すごっ!ww)

その後も旅の話で盛り上がり、、
やっぱり自分の足で歩き、自分の目で見て、聞いて、感じることは何よりも一番!!と合致。

齋藤さんはわざわざ栃木県から、南会津町に蕎麦を求めてはるばるやってきたそう。
水が美味しい南会津町ならではの、惹きつけられる魅力の一つなんだな〜と実感。

齋藤さんのように、私も日本一周して色々な日本の魅力を発見していきたいな!
齋藤さん、ありがとうございました^^

 

スタッフの江井さんはというと、元々東京に生活拠点を置かれていましたが、
都会での生活に疑問を持ち農業をやりたいと転職を決意されたそう。

その際に夢だった世界一周の旅に出かけ、1年間かけ47か国を回ったそうです!
のほほんとしていて優しい表情から、世界一周の旅のお話を伺ってびっくり!(笑)
すごい行動力ある人じゃないですか…!!!

世界一周旅で見た景色や感じたこと、気づきはそれはそれは多かったそうで、
地方の生活がその国らしいと感じ、日本で田舎暮らしをしたいと思うようになったそうです。

そして、平成27年から南会津町の地域おこし協力隊として前沢集落に居住し、集落の地域おこしを担当。
3年間の任期終了後には、なんと豆腐屋さんを起業し、南会津町に定住されたそう!!
なんて行動力ある方なの…!!!(2回目。笑)

江井さんが作っていらっしゃるお豆腐は、薪炊きだけで豆腐を作っているそう!すごいこだわり。
南会津町の豊富な森林資源を活用して、この土地ならではというものを作れるように心掛けているそうです。

そんなこだわりが詰まったお豆腐は、何も付けなくても食べられるくらい大豆の風味がしっかりしていて、
優し〜いまろやかな味でした。とっても美味しかったので一人でペロリと完食しちゃいました。笑
また絶対食べに行こうと思います!

 

色々と濃いお話を聞かせていただいた江井さん、ありがとうございました^^

 

自然を眺めるのもいいけれど、やっぱり人との出逢いは面白い発見や気づきを得られるな〜。

北塩原町・磐梯町編につづく…

 

◆江井豆腐店さん Facebook
https://www.facebook.com/eneitofu/

◆書の旅日記バックナンバーは以下のリンクからお読みいただけます

書家 根本みき

お知らせ

お知らせ一覧