1. HOME
  2. お知らせ
  3. 書の旅 in 福島 〜鏡石町編〜

書の旅 in 福島 〜鏡石町編〜

【書で、人と笑顔をつなぐ旅 in 福島】
〜 鏡石町編 (5/59市町村) 〜

旅3日目の朝は、梅雨の雨☔︎

この日は、鏡石町と矢吹町を案内してくれる友人と同行で巡ることに。

「雨だからこそ楽しめる場所……、あっ!あやめ観に行こう!」

「それ名案っ!」と、鏡石町に向かう途中で即決♪

と、その場のノリで向かった先は、 鏡石町 ” 鳥見山公園 ”

ただただ、雨水に打たれるあやめの姿は、
品があり凛としていて、上品な色気すら感じられました。

 

この白いあやめ。

雨に打たれ、風になびかれながら白く透き通っていて、まるでドレスみたいに綺麗*・°・..。.:*・

 

雨ならではの花々の美しさに、旅の疲れも癒されます。

 

目の前に広がる一面のあやめを、
雨音を聴きながらぼーっと眺めていると、ふと気が付いたことが。

こんなに沢山のあやめが咲いているのに、
一つ一つがちゃんと主張していて、ぶつかり合わず、ゆずりあって咲いているな〜と。

そこで、一書…

『ゆずり合い』

たくさんの花・花・花
だけど、ぶつからない、ゆずり合い。

ちょっと抽象的な話ですが、
人間は言葉を話せる能力がありますが、花を含めて自然の生き物すべて、
そのもの同士が通ずる、何かしらのコミュニケーションツールがあると思ってます。

人間だけが会話をしてるって、人間以外になったことがないから、それは固定概念と思ってて。

”ゆずり合いしましょう”なんて、言葉に出さなくたって、
お互いが自然にそうできる関係って、なんて心地いいんだろう、と思います。
それが花にはできているな、と感じました。

沢山の花々は、
上を向いて雨に打たれて、心地よく歌っているようにさえ、私の目に映りました。

 

この、自然の中で湧いて出てきた書は、案内してくれた友人にプレゼント♪

 

言葉って、出そうとして出すものじゃなくて、自然に出るもの。

会話もそう、笑顔もそう。 勝手に、自然に生まれるもの。

今は都会を中心に活動し、たくさんの人からの刺激を受けますが、
自然に帰る時間、やっぱり大事だなあ。

矢吹町編につづく…

旅の最新情報・専用アカウント 🕊Twitter:https://twitter.com/nemotomiki

お知らせ

お知らせ一覧